埼玉サタデー「埼玉グルメ」vol4 浦和のソウルフード スタミナラーメン(娘々)

浦和のソウルフード
娘娘【にゃんにゃん】スタミナラーメン
日本三大スタミナラーメンというものがあります。

奈良県天理市のスタミナラーメン:醤油ベースのスープに、白菜やニラなどの野菜をを豆板醤やニンニクと一緒にピリ辛に炒めたものがのっかったもの。

茨城県のスタミナラーメン:たっぷりの野菜とレバーを炒めて、甘辛いあんかけに仕上げて乗せたもの。水戸やひたちなか市を中心に点在。

そして今回ご紹介するのが、浦和市民の愛するソウルフード娘娘のスタミナラーメン。

辛醤油味のスープに、ニラ、挽肉、豆板醤を入れた「ピリ辛」の餡かけラーメン。(北浦和はこれにもやしが入る)

1960年代に北浦和で誕生した元祖娘娘がルーツとなり、現在その店のオヤジさんの弟子たちが県内10箇所以上に散らばり、その味をベースに独自のスタミナラーメンを展開する。
DSCF3713
残念ながらすでに初代のお店は閉店し、オヤジさんも他界されたが、弟子たちが今なおソウルフードであるスタミナラーメンを守り続けている。

北浦和にある娘娘は、初代を知るお弟子さんが鍋を振るお店。

進学校としても著名な浦和高校の学生や近隣のお役所勤めの方やサラリーマンなど、男性がメインではあるが、その価格とボリュームでお世話になった方も多く、就職や転勤で転居した方も、懐かしさから、この味を訪ねて来る人も多い。

DSCF3719

早速、スタミナラーメンと名物の餃子を注文。

ここでメニュー表を確認。なんとスタミナラーメン450円餃子250円 チェーン店のラーメン店ではない

DSCF3718nya
昔からの浦和市民に聞くと、昔は200円代であったらしい。なるほど、学生やサラリーマンが学食、社員食堂がわりにしていたのも伺える

早速スタミナラーメンを頂く
nyannnyann
麺は中細麺で柔らかめに。スープは和風醤油。その上に挽き肉や、もやしを、生姜、唐辛子、調味料で炒めてあんかけに仕上げている。

個人的には麺は堅めが好みであるが、このスタミナラーメンに関しては、くたっとした食感が良く合っている。
 嫌いじゃない

ピリ辛の餡と混ぜながら食べ進めると、だんだん汗ばんでくる。

生姜がポカポカ効いてくるので、真夏のクーラー疲れにも優しい

ここの餃子も名物。一つに、皿の上に綺麗に陳列していないのがすごい新鮮。
娘々-北浦和店-ギョーザ

そして餃子の味として、今まで食べたことの無い風味にビックリ。
野菜中心のさっぱりとした餡に八角の味が口いっぱいに広がる
これは、スタミナラーメンとの相性が抜群。

毎朝仕込んだ餃子は無くなり次第終了

まだあるスタミナラーメンの変化技。ここで常連仕込みの裏技を実施。

ra
実はテーブルに置かれた調味料の中に置かれた自家製ラー油
をひとさじスタミナラーメンにサラリ

辛み増しだけでなく
ゴマ油の香が加わりゴージャスバージョンに。

自家製で手作りだから、ラー油の砂【唐辛子の殻や種】が沈む。

このラー油うまっぁ!

DSCF3716

そして完食

ご馳走さまでした
スタミナラーメンと餃子で700円

他にもスタミナラーメンの餡をかけたスタカレー〔正式にはカレー粉は使っておらず、カレーではない〕が…、さらにチャーハンもうまそう。

市民なつかしのソウルフード、まだまだ他のお店も探したくなりますね。

娘娘(北浦和)北浦和駅ほど近く 埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-2-13

埼玉観光協会さんのスタミナラーメンページ

http://www.stib.jp/stamina/shop.shtml

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です