主催・ご当地グルメ研究会TOPページへ 




アジア最大級の「食」の展示会FOODEX JAPAN2019ご来場の「食」のプロが審査!
アルコール部門は、総勢911名の審査員にご参加頂きました。
ありがとうございました!

審査概要

■ご当地スイーツグランプリ 基本データー

イベント名 ご当地スイーツグランプリ
開催場所 FOODEX JAPAN2019内
幕張メッセ(千葉県)
開催日程 2019年3月5日(火)〜8日(金)(全4日間)
主催 ご当地フードグランプリ事務局
主催・事務局:株式会社ご当地グルメ研究会
協力:一般社団法人 日本能率協会
募集 FOODEX JAPAN2019ホームページ及びダイレクトメール等により募集。
2018年12月〜2019年2月14日締め切り
開催主旨 アジア最大級の「食」の展示会FOODEX JAPANの来場者である食のプロが審査するコンテスト。
バイヤーの要望の高い「ドリンク」にスポットをあて、
おいしさはもちろん、その可能性を多くの方々に共有していただけるものとしたい。

公式発表数値

出品商品 アルコール部門 全22品 
審査員数 911名(4日間合計)
審査数 2733票(1名につき3品審査)
有効審査数 2,557票(無効票176件のため)
〔参考〕
FOODEX JAPAN来場者数 
80,426名(4日間)
 
     
     

■審査の流れ

 審査内容  写真 概要 
ガイダンス・用紙配布   ガイダンス 真剣な審査会/審査方法をご案内

 1:商品の選択 商品の選定

お一人様に
抽選で1品、ご自身の判断で2品を選んで頂きました。
エントリー用紙 と展示された容器を見ながら悩みに悩んで選定頂きました。

 2:事前(見た目)審査 見た目審査

商品についての事前審査。全2項目。

●ビジュアル審査 パッケージ(デザイン性)加点1〜5点
●ご当地性 加点1〜5点

以上、に関し5段階評価にて採点頂きました。
 3:試飲審査 試飲審査

選択された商品をを実際に試食頂きました。

●味の評価審査 1・5・10・15・20の5段階評価
●購買欲審査 1・3・5・8・10の5段階評価
 ※購買欲:バイヤーは売りたい商品なのか、メディアは報道したい商品なのかユーザーとしては買ってみたい商品かを総合判断
4:投函  審査用紙回収

すべてご記入頂いた審査用紙をご提出頂きました。


審査概要

アルコールドリンクと言ってもジャンルは無数にある中で
ご当地にこだわった商品があることを認識できたコンテストであったと感じました。
それもブドウや米だけにとどまらず、梨やイチゴ、さくらんぼ、柑橘等の果実、
お茶や味噌などの食材との融合など、
正直、今回エントリー数が少ないながらも、900名を超える審査を頂いた理由になっておりました。
小売りのバイヤー様ももちろん、飲食店主の方々の熱い審査も
それらの魅力を感じたからだと思っております。
ワイン、クラフトビール、ジン、焼酎などジャンルを超えたこのコンテストが
今後も定期的に開催することで、新たなお酒の楽しみ方が
提案できるのではと感じた4日間でした。


ご当地フードグランプリ事務局/株式会社ご当地グルメ研究会 代表 松本 学

Copyright(C)2009 JAPAN GOURMET SOCIETY All Rights Reserved.