アイスクリーム博覧会事務局 (株)ご当地グルメ研究会内
03-6231-7468

アイスクリーム博覧会2022

アイスクリーム博覧会2022は終了いたしました。

感染症対策へのご協力のお願い

下記に本イベントでの対策を記述いたしますが、人が最も行き交う大型連休につき、感染症対策が施す事が出来ないなどの予想外の混雑があった場合は、速やかに中断または中止いたします。

①感染症対策ご協力のお願い
■マスクの着用義務■会場内での最低限の会話「黙食」協力■待ち導線上での会話の制限自粛■手指消毒の徹底■人気店舗の導線が溢れる場合は入場を制限
②会場における対策
■共有スペースの細かな消毒■誘導係員によるスピーカーを使用した案内■会場内に導線スタンド設置ソーシャル確保■可能な限り持ち帰り促進(容器準備)■共有座席方向の固定と間隔確保■各店入口に消毒スタンド設置


古今東西・ニッポン&世界のアイスが総勢100種超集結。
アイスクリームのトレンド、トピック、トラディショナル(伝統)が集う
見て、食べて、楽しめるアイスクリームの祭典です。

開催概要

  • イベント名:アイスクリーム博覧会2022 inイオンレイクタウン
  • 開催期間 :2022年4月29日(祝・金)~5月9日(月・アイスクリームの日)
  • 開催場所 :イオンレイクタウンmori 1階噴水広場(屋外開催)
          【埼玉県越谷市/JR越谷レイクタウン駅】
  • 出店店舗 :①「サンタチューボー!」(北海道江別市
          ②「しまなみドルチェ」(広島県尾道市)
          ③「レックス・ベリー」(東京都台東区)
          ④「キョクレイ商事」(福岡県芦屋町)
          ⑤「マルガージェラート」(石川県能都町)
          ⑥「バーブルハヤツ」(トルコ国/日本在住)           
  • 企画店舗 :⑦世界のアイスショップ1号店「ワールドアイスラボ」
          ⑧世界のアイスショップ2「世界のアイス研究所」
          ⑨「カップアイスミュージアム」(物販店)     
  • 特別店舗 ⑩「ジェラートマエストロコンテスト」4月29日~5月7日限定。
           一般審査開催(有料・限定200名/日)

◆店舗や出品商品の詳細ページはこちら

5月8日(日)ジェラートマエストロコンテスト ファイナルステージ

予選、一般審査を経て、最終審査が行われ「日本一のジェラート」が決定いたします。
ファイナルステージは真剣な審査風景を観覧することも可能です。
日本一決定の瞬間をぜひ、お立合い下さい。

「ジェラートマエストロコンテスト」ファイナルステージ
 日時  2022年5月8日(日)12時~14時
 場所  イオンレイクタウンmori 1階「木の広場」ステージ
 概要  全国各地からファイナリストの「ジェラートマエストロ」が会場に集結。
     今年のテーマ「千の味 癒しのジェラート」作品について
     マエストロ自身がプレゼンテーション
     審査員がジェラートの見た目や味などを含め審査いたします。
     ジェラートやアイスクリーム好きの方には夢の時間。
     日本一決定の瞬間を目撃ください。

 ◆ファイナルステージの詳細はこちら

アイスクリーム博覧会コンセプト

『アイスクリーム博覧会』は『株式会社ご当地グルメ研究会』の登録商標です。2002年日本初の国内外のご当地アイスクリームをテーマとした『アイスクリーム博覧会』を継承したイベントであり、類似する他のイベントと一切の関りはございません。

アイスクリーム博覧会としてのコンセプトは、“「見て、食べて、学べる」アイスクリームイベント”がコンセプト。ご当地アイスクリームグランプリで受賞した商品から、牧場の一品、さらにはご当地ならではのフルーツや素材の驚きの食材コラボレーションまで、旅行気分で楽しめる日本各地の地域密着型のアイスクリームを選抜するほか、世界チャンピオンに輝いたジェラート職人のジェラートや、世界で人気のアイスクリームを研究・ラインナップして、普段とは違った非日常感満載のアイスクリームを楽しんで頂きます。
テーマは3つの【T】「TREND」「TOPIC」「TRADITIONAL]を串刺しに、ニッポンのアイスから世界のアイスまで、昭和の歴史と伝統を今なお感じることのできる「アイス」から、世界の最新の「アイス」、話題の「アイス」までを一挙同列に会する事で、アイスクリームの進化と歴史、トレンドを体験して頂きたいと考えます。
また、今年今回初めてジェラート日本一を決定する「ジェラートマエストロコンテスト」(日本ジェラート協会主催)と連動した会場審査を行います。会場では、4月29日から5月7日までの間、コンテスト参加商品を販売、購入されたお客様は一般審査員としてお好きなジェラートに投票して頂きます。
なお、投票結果は5月8日(日)に開催する「ジェラートマエストロコンテスト」最終審査会(イオンレイクタウン内「木の広場」観覧無料)にて審査に加点されます。

会場ご案内

イオンレイクタウンmori1階 噴水広場

住所 : 〒343-0828  埼玉県越谷市レイクタウン3丁目1番地1レイクタウンmori1階噴水広場特設会場

      噴水広場はレイクタウンのmori(もり)
      館内地図上「噴水広場」または「G6」(ジーのろく)を目指してください。

     「越谷レイクタウン駅」から噴水広場までは慣れていても10分
      はじめての場合は20分以上かかることが予想されます。
      駅から会場付近まではバスもございますので、事前にチェック願います。

レイクタウンmoriホームページより「シャトルバス」運行スケジュール

電車がおススメです。

電車のご利用をおススメいたします。
繁忙期は駐車場待ちの渋滞などが予想されます。
電車をオススメいたします。
なお「越谷レイクタウン駅」からレイクタウンはすぐですが、会場となるmori1階噴水広場は徒歩で10分以上かかります。
レイクタウン駅から無料送迎バスでmoriのバス停からは30秒ほどですのでバス時間をチェックしてご利用されるのもいいかもしれません。  

SPECIAL ADVISER 特別顧問

アイスクリー博覧会2021® 企画チームご紹介

シズリーナ荒井

アイス研究家/イートデザイナー

通算5万2,000個以上ものアイスを食べ歩く、
東京芸術大学出身のアイス研究家。
「anan」「Hanako」「女子SPA!」などで執筆するほか、ディープなアイスクリームの情報に精通し「マツコの知らない世界」等テレビや、ラジオなどメディアでも活躍。食べ方をデザインする“イートデザイナー”として市販アイスのアレンジレシピや企業商品コラボ“かけ合わせグルメ”の考案者として、SNSで話題に!

ギュネイ・ネジメッティン

ギュネイ・ネジメッティン
アイスクリーム研究家

トルコでも100人以下、正式なドンドルマ(トルコアイス)の作り手として、世界各国のアイスクリームを研究するとともに、実際に製造をプランニングし、その味を再現出来る、世界でも稀な職人系アイスクリーム研究家。現在は本拠地を日本に置き活動。アイスクリームのラボラトリーを岐阜県川辺町に開設中。

柴野大造

世界ジェラート大使

1975年石川県能登町生まれ。 東京農業大学卒業後、家業の酪農に就農。 2000年、地元能登町に北陸初の牧場直営ジェラートショップ「マルガージェラート能登本店」をオープン。 2015年ジェラートマエストロコンテストに優勝しジェラート日本チャンピオンに輝く。2017年Sherbeth Festival 2017(イタリア・パレルモ) 総合優勝でアジア人初の世界チャンピオンに。2021年にはイタリア「FIPGC」主催のコンテストで世界最高のジェラート店2021を獲得。日本のみならず世界で認められたジェラート職人として活躍中。

協力/SPECIAL THANKS
日本ジェラート協会

日本ジェラート協会は、日本のジェラート業界唯一の業界団体
2011年よりジェラートマエストロ制度を導入し、衛生・製造・販売についての正しい知識を得るための講習や試験等を行うほか、ジェラート業界の発展や店舗及び地域発展等、ジェラート業界全体の地位向上を図ることを目的とする。

企画制作
株式会社ご当地グルメ研究会

グルメイベント企画会社。代表の松本学氏が2002年に日本初のアイスクリーム博覧会を開催し注目された事から、2004年日本初のアイスクリームのテーマパーク「アイスクリームシティ」(2013年閉館)の立ち上げにも参画。アジア最大級の食の展示会FOODEX JAPANにおいて「ご当地アイスクリームグランプリ」を開催するなどご当地アイスに精通する。